VW & AUDI車 コーディング施工、Call us "Hanafusa"

Hanafusa E-Optimize

 080-4142-8723

営業時間

営業時間 10:00-20:00 火曜定休日

Edge-PW24W

Golf7 CLのポジションライトに最適な、PW24W型LEDバルブです。
CLのポジションライトをDRL点灯させ、定期的にランプが故障している多くの実例を見てまいりました。この経験を元に高寿命を追求したPW24W型LEDバルブを開発いたしました。それがこのEdge-PW24Wです。

定価:¥4,680(税込)
当店にメールでご注文いただくか、
当店Yahooストアにてお求めください。

他社比較

Edge-PW24Wと同等の他社製品との比較を表にまとめました。
PW24Wバルブは販売していらっしゃるメーカさんも少なく、比較できるデータもごく僅かとなっています。
Edge-PW24Wは、高寿命化(温度低減)を徹底追及し、LED周囲温度74℃を達成しています。

REM-Mountテクノロジー採用

REM-Mount※テクノロジーは、LEDが発光した光を最大限必要な方向に集中させるテクノロジーです。※Reflection Efficiency Maximize-Mount

電球を前提に作られたランプのリフレクターは、電球のフェラメントから照射される光を、効率よく必要な方向に集中させるよう設計されています。よって、フィラメントと同位置にLEDを配置させる事が、車に装着して明るいLEDを開発するうえで重要な技術となります。

Edge-LEDは、このREM-Mount技術の採用によりLEDが発光した全光束を、必要な方向に集中し最小の電力で明るさを最大化しています。

Cool-Driveテクノロジー採用

LEDに供給する電力が多くなると、LEDの温度が上昇します。一般的にはLEDの温度が10℃上昇すると寿命が半減すると言われています。このため、Edge-LEDでは、REM-Mountにより必要な印加電力を最小化しています。

一方、LED以外にも温度を上昇させる部品があります。その代表がLEDの駆動回路です。LED駆動回路が温度上昇すると近接配置されたLEDの温度も上昇する事になります。 このLED駆動回路での電力を最小化するのが、Cool-Driveテクノロジーです。※Constant current with loss less-Drive

純正のPW24W型白熱電球は、わずか3分程度で220℃の高温に達してしまいます。もちろん純正品ですから安全だと思いますが、ここまで温度が高いとランプソケットが溶けてユニット内に煙(ガス)が充満し、内側の透明度が低下したりしないか心配になってしまいます。温度を比較した中国製のBAY9S型バルブは、印加電力が2.5Wとやや多く、温度が95℃まで上昇しておりまりました。

Edge-PW24Wは、Cool-Drive/REM-Mount技術を活用することにより、必要な光量を確保した上で印加電力を2.0Wに抑え、LED周辺温度74℃を達成しています。

外形寸法

Edge-LEDを皆様の選択肢の一つに加えてください

ご用命・お問合せは

お気軽にお電話あるいはメールにてご連絡ください。

Hanafusa E-Optimize:ハナフサ
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上2-4-11
第2鈴駒ビル 102号室
MAPコード:15 298 537 * 11
電話:080-4142-8723
メール:info@hanaeopt.com
Home Page:http://hanaeopt.com
YahooストアFacebook-HP

投稿日:2016年12月13日 更新日:

Copyright© Hanafusa E-Optimize , 2018 AllRights Reserved.